ヒトヒラの



c0322822_19213831.jpg




あなたがここを通ったら

ひらりと髪に舞いおりて

東にのぼったお月様を

いっしょに見上げて歩きましょう


どこかで誰かが口笛を吹いて

あなたもいっしょに歌い出す


菜の花畠に 入日薄れ
見わたす山の端 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて にほひ淡し





[PR]
Commented at 2015-04-11 19:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by doronko-tonchan at 2015-04-12 07:53
ひとひらの雪、ひとしずくの泪・・・
このようにひとひらやひとしずくという言葉に情緒や情景を感じます。

朧月夜・・・明るい菜の花と朧月という組み合わせが不思議ですがいい曲ですね。
Commented by bloom324 at 2015-04-12 11:16
鍵コメさま。はじめまして。
お越しくださってありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by bloom324 at 2015-04-12 11:20
トンちゃんさま。こんにちは。
コメントありがとうございました。

ほんとにそう思います。
この一語が加わるだけで、ぐっとイメージが広がり
そしてぐっと心に響くものが生まれますよね。
日本語、ラブです。

朧月夜。。。亡くなった祖母がよくこの歌を歌っていたのを
思い出します^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by bloom324 | 2015-04-11 19:45 | pink | Comments(4)

blue に恋して. . .    by あいあ


by あいあ